[PR]

 岡山県の伊原木隆太知事は28日、兵庫県との県境にある山陽自動車道下り線の瀬戸パーキングエリア(岡山市東区)で29日に実施予定だった来県者の検温を中止すると発表した。県に対し「職員に危害を加える」という脅迫や批判が相次ぎ、現場での安全が確保できないと判断した。

 伊原木知事は24日の会見で、新型コロナウイルス対策として、関西などから来た県外ナンバーの運転手らに任意で検温する計画を表明。「大型連休中に県外から旅行客が多数来県されると困る。県境を越えて移動してきた人が、検温で後悔していただくことになれば」と話していた。

 知事は28日、自身のこの発言が反発を招いたとし、「つたない発言で不快な思いをさせたことをおわびする」と述べた。県によると、電話と県ホームページへの書き込みを合わせ、意見は賛否を含め計約50件に上った。「他県の人間にケンカを売っている」といった内容もあったという。

 県は検温は中止するが、山陽自動車道を管理する西日本高速道路など高速各社に対し、利用者の多い県内のインターチェンジについて大型連休中は閉鎖するよう要請する方針。(吉川喬)