[PR]

 長崎市に停泊中、新型コロナウイルスの感染が確認された大型クルーズ客船コスタ・アトランチカ(イタリア船籍、8万6千トン)で28日未明、乗員1人が救急搬送された。27日夜にも2人が搬送されており、重症者1人に続き、乗員の入院者は計4人になった。

 長崎県によると、27日夜に救急搬送されたのは、陽性と確認され、船内の個室にとどまっていた50代女性と陰性の30代男性。女性は肺炎の疑いと診断され、男性は新型コロナとの関連は不明だが、電解質異常で手足のしびれを訴えた。

 28日未明には陽性者の60代男性が発熱や嘔吐(おうと)などの症状を訴えた。いずれも市内の医療機関に運ばれた。

 船は三菱重工業長崎造船所香焼工場の岸壁に係留。乗員624人(1人は看護師が追加で乗船)のうち148人が陽性と確認され、うち1人が22日に息苦しさを訴えて入院していた。乗員は船内で、1人ずつ個室に隔離されている。(小川直樹)