[PR]

 河野太郎防衛相は28日の記者会見で、米国防総省がUFO(未確認飛行物体)の可能性がある映像を公開したことについて、「万が一、遭遇した時の手順をしっかり定めたい」と述べ、防衛省と自衛隊も対応の準備を進める考えを明らかにした。ただ、河野氏自身はUFOの存在を信じていないという。

 河野氏は会見で「米国防総省が画像を出したので、米側から真意や分析を聞きたい」と述べた。自衛隊はこれまでUFOに遭遇したことはないとした上で「(UFOとの遭遇が)あった時に映像が撮れるなら映像を撮るし、報告があるなら報告をする。どのようにするかは航空自衛隊、あるいは陸上、海上(の自衛隊)で相談してもらいたい」と語った。

 日本政府は2018年2月、UFOについて「存在を確認したことはない」「我が国に飛来した場合の対応について特段の検討を行っていない」との答弁書を閣議決定している。

 一方、河野氏は「正直言うと、私はあまりUFOを信じてはいない」とも明かした。超能力や心霊現象を信じるかとの問いには「企業秘密」と述べるにとどめた。(寺本大蔵)