金価格、40年ぶり最高値の背景は?アナリストに聞く

有料会員記事

聞き手・鳴澤大
[PR]

 「有事の安全資産」といわれる金の価格が円建てで40年ぶりの最高値をつけた。今回の高騰には「有事買い」だけでなく新型コロナウイルスの感染拡大を受けた米国の政策なども影響しているという。金の調査研究機関「ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)」元日本代表で経済アナリストの豊島逸夫さんに聞いた。

 ――円建ての金価格が最高値を更新しました。

 「最後の頼りとして実物資産の関心が高まっており、金は世界で買われている。これまでは実物資産といえば不動産だったが、今回は上場不動産投資信託(リート)にも悪影響が出て、消去法で金が残った。ただ現在の金価格は、基本的にはバブル現象だろう」

 ――今回の特徴的な点は…

この記事は有料会員記事です。残り1589文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら