[PR]

 どこにいるかではなく、何をするかだ――。

 ラグビー日本代表のFB山中亮平(31)=神戸製鋼=が、自ら企画した洋服の売り上げを元手に全国150の幼稚園や保育園に約1千個のラグビーボールを贈った。幾多の試練を乗り越え、昨秋のワールドカップ(W杯)日本大会では全5試合に出場した苦労人。プロジェクトには、そんな彼ならではの思いが詰まっている。

拡大する写真・図版自ら手がけたトレーナーを着るラグビー日本代表の山中亮平(オフザフィールド提供)

 着想は2年前。母校・早大ラグビー部の同級生でW杯日本大会のキャッチコピー「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」を考えた吉谷吾郎さんや、早大の後輩のFW布巻峻介(パナソニック)と「ラグビー選手が着られる大きめの服を作ろう」と意気投合したのが始まりという。プロジェクト名を「OFF(オフ) THE(ザ) FIELD(フィールド)」とし、ロゴ作りなどを進めていった。

 当時の山中は、31人しか入れないW杯メンバーの当落線上にいた。さらに所属する神鋼には、世界的司令塔であるSOダン・カーターが加入。同じ10番を定位置としていた山中は「居場所を失うのでは」と焦っていた。

拡大する写真・図版吉谷吾郎さん

 吉谷さんに打ち明けると、何げない一言が心に刺さった。

 「山ちゃん。大事なのはポジションじゃなくて、与えられた場所で何をするか、じゃないの」

 友の言葉でポジションへのこだわりが消えた。チームが勝つため、自分にできることをやりきるという原点に立ち返れた。その夏、チームの最後尾を担うFBに転向。新たな役割で神鋼の15季ぶりのリーグ優勝に貢献すると、サンウルブズや代表でもアピールを続けた。

拡大する写真・図版昨年のW杯でアイルランドを破り、喜ぶ山中亮平(中央)=2019年9月28日、静岡・エコパスタジアム、江口和貴撮影

 初めてW杯を目指した2011年大会の前には、ひげを伸ばすために使った育毛剤で禁止薬物違反が発覚。2年間の出場停止処分を受けた。続く15年大会も直前で落選。三度目の正直で悲願のW杯切符をつかんだ。「吾郎の言葉があったから、前向きになれた」と振り返る。

 W杯を機に国内のラグビー熱が高まると、温めていたプロジェクトを加速させた。吉谷さんと話し合い、さらなる競技の普及につなげられたらと、服の売れ行きに応じてボールを贈ろうとアイデアを膨らませた。「子どもたちも、買った人もうれしい。僕らも好きな洋服を着られる。みんなが『ウィンウィン』になれる」

拡大する写真・図版全国の幼稚園や保育園に配った特製のラグビーボール(オフザフィールド提供)

 需要を調べるため、まず53枚…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら