[PR]

 日産自動車は28日、2020年3月期決算の最終的なもうけを示す純損益が、予想より1500億~1600億円悪化して1千億円近くの赤字に転落しそうだと発表した。米国での販売不振で業績が低迷している中で、新型コロナウイルスの感染拡大による新車販売の急減が追い打ちをかけた。赤字はリーマン・ショックがあった09年3月期以来11年ぶりとなる。

 2月時点の予想で、純損益は650億円(前期比80%減)の黒字を見込んでおり、今回の見通しだと950億~850億円の赤字になる。本業のもうけを示す営業損益は、2月時点の850億円(同73%減)から1200億~1300億円悪化し、こちらも赤字になりそうだとした。

 営業損益は、新車販売や合弁会社への部品販売の減少で約900億円、自動車ローンの延滞や貸し倒れなど販売金融事業への影響で約300億円悪化するとみている。純損益では、さらに持ち分法適用会社の評価引き下げで約300億円悪化する見込み。

 現在策定中の新たな中期経営計画でのリストラ策の影響は盛り込んでおらず、赤字額はさらに膨らむ可能性がある。20年3月期決算は5月28日に公表する予定。

 日産はもともと世界販売の4分の1を売る米国で販売不振が続いていた。2月には新型コロナの影響で中国からの部品供給が途絶え、日系大手で最も早く国内生産を一時停止した。欧米でも3月中旬から軒並み工場や販売店がストップし、販売が大幅に落ち込んだ。(友田雄大)