• アピタル

NZ、全土封鎖を一部緩和 感染者の抑え込みに成功

有料記事新型コロナウイルス

シドニー=小暮哲夫
[PR]

 ニュージーランドで28日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために3月26日から続けてきた全土の封鎖策が、一部緩和された。感染者の抑え込みに成功したためで、飲食店など小売店の持ち帰り・宅配サービスや、建設業、林業が再開された。

 人口約500万人の同国の感染者数(28日時点)は1472人で、前日と比べ3人増に抑えられている。1214人が回復し、死者は19人。封鎖策で、食料品の買い出しや運動などを除く不要不急の外出を禁じてきたことに加え、3月20日に外国人の入国を禁止したことも奏功した。

 4月28日からは、封鎖策を最高のレベル4からレベル3に緩和。書店や衣料品店などでも、事前に電話やオンラインで注文済みの商品を店頭で受け取れるようになった。美容院など顧客と接触する業種は再開できない。現地報道によると、同日早朝から、ファストフード店のドライブスルーに車列ができた。

 政府は、在宅勤務ができる場…

この記事は有料記事です。残り182文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]