[PR]

 感染の拡大が止まらない新型コロナウイルス。普通のかぜとなかなか見分けがつかないが、どんな時に感染を疑えばよいのか。外出自粛が呼びかけられているが、患者の増加は抑えられるのか。発生当初から多くの患者を診てきた国立国際医療研究センター(東京都新宿区)の忽那(くつな)賢志医師に4月9日と28日、オンライン会議システムを使い、現状を聞いた。

 ――かぜやインフルエンザとどう違いますか?

 発熱やせき、のどの痛み、鼻水といったかぜのような症状で始まるのは同じです。インフルエンザは数日でよくなることが多いですが、だらだら症状が続くのが新型コロナウイルスの特徴です。1週間くらいかぜの症状が続き、自然によくなる人もいます。3割ほどの患者さんには味覚・嗅覚(きゅうかく)の異常がみられます。

 ――悪化する人はどんな経過をたどりますか。

 発症から7~10日目に悪くなる人が多く、たんが出る、呼吸が苦しいなどの肺炎症状が強くなります。予兆はないので、慎重にみたほうがいいでしょう。うちの病院でも、人工呼吸器をつけた後、残念なことに亡くなった方もいます。高齢で基礎疾患のある方でした。

拡大する写真・図版国立国際医療研究センターの忽那賢志医師=9日、パソコンの画面越しに撮影

 ――感染者の推移をどうみていますか。

 うちの病院の帰国者・接触者外…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら