[PR]

働くってなんですか

 青木達夫さん(64)は京都市で二つの旅館「楽遊 堀川五条」と「楽遊 仏光寺東町」を営む。京町家の雰囲気が売りで、宿泊客の約9割が外国人だった。

 2016年に開業した「堀川五条」は大手旅行サイトのランキングで、外国人に人気の旅館部門で1位に選ばれたこともある。増築し、リニューアルオープンを4月に予定していたが、コロナ禍で外国人観光客は一気に減った。

拡大する写真・図版ハローワーク飯田橋が設けた雇用調整助成金の特設窓口=4月20日、東京都文京区、沢路毅彦撮影

 二つの旅館の売上高は、2月が前年同月より約7割減、3月が約8割減で、4月はさらなる悪化が見込まれるという。運営会社の「アジア・インタラクション・サポート」は、4月16日から5月末まで休館することを決めた。

 運営会社には役員数人のほか、正社員が8人、パート・アルバイトが約40人いる。営業再開を見据え雇用は守りたいと思っている。手元資金はぎりぎりで、雇用調整助成金が頼みの綱だ。

 経済危機が現実になるなか、経営者に雇用を維持してもらうための「雇用調整助成金」の制度が注目されています。国は利用を促すために条件を緩めていますが、書類の準備が大変だったり、時間がかかったりしています。働き手を守る制度として頼りになるのでしょうか。

 国は助成率を引き上げ、支給の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。