2回連続で陰性、退院後にまた陽性に 長野の20代女性

新型コロナウイルス

[PR]

 長野県は28日、新型コロナウイルスに感染し、陰性になって退院した会社員の20代女性が再び陽性になったと発表した。県は、体内でウイルスが減った後に再び増える「再燃」の可能性が高いとしている。これで県内の感染者は延べ67人になった。

 女性は3月下旬、東京都から県中部の伊那保健所管内の実家に帰省。今月13日に陽性とわかり、入院した。検査で2回続けて陰性となったため、22日に退院した。しかし発熱があり、再検査で陽性がわかった。

 女性は退院後、実家から外出しておらず、同居の家族とも接しないようにしていた。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]