[PR]

皆さんの身近な困りごとや疑問をSNSで募集中。「#N4U」取材班が深掘りします。

 ゴールデンウィーク(GW)どう過ごしますか? 新型コロナウイルスの緊急事態宣言のもとで迎えたGW。悩みや疑問を募って取材する「#ニュース4U」のアンケートでは、82%が「外出は極力控える」と答え、「遠出する」はわずか2%。感染拡大にストップをかけたいという思いがにじむ結果となった。

拡大する写真・図版外出自粛が呼びかけられた大型連休初日、人影がまばらな湘南海岸公園=2020年4月25日午後2時1分、神奈川県藤沢市、藤原伸雄撮影

LINEでアンケート、1216人回答→帰省・レジャーは23人

 アンケートは、#ニュース4Uが25~26日にLINE公式アカウントの「友だち」を対象に実施。1216人が答えた。

N4U班が深掘り取材、お友達登録はこちら
#ニュース4Uはあなたと共に深掘り取材する企画です。声をお寄せください。LINE公式アカウント(@asahi_shimbun)で取材班とやりとりできます。

 GWの過ごし方について、複数回答の選択肢で「外出は極力控える」と答えたのは992人。「仕事」208人、「公園など近場」190人と続き、「帰省・レジャーなど遠出」は23人にとどまった。

 外出せず、自宅で何をして過ごすのか。具体的な予定を聞くと、「断捨離」「掃除」「マスク作り」「庭でバーベキュー」「動画配信サイト視聴」などの回答が目立った。

リビングで卓球、ベランダでキャンプ気分

 川崎市の女性(41)は「子どもたちとリビングの机を使って卓球大会。ベランダでキャンプ気分のランチもしたい」と工夫を凝らす。京都府精華町のパート女性(49)は「普段は家にいない大学生と高校生の子どもの手を借りて大掃除をしたい」と張り切る。

拡大する写真・図版新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、閉鎖された「奥びわスポーツの森」の駐車場=2020年4月25日、長浜市、朝日新聞社ヘリから、小杉豊和撮影

 さいたま市の20代女性は「こんな時こそ、苦手を克服し、自分磨きを頑張りたい。英語力を身につけて仕事に生かしたい」。高校を今春卒業し、海外留学を控える群馬県の女性(18)は「遊びに行けないのは寂しいけど、家族でだんらんができるいい機会」と、それぞれ前向きだ。

感染者なしの岩手県民も「家で過ごします」

 感染者が全国で唯一いない岩手県からも回答が寄せられた。盛岡市の女性(54)は「このまま感染しない努力をしなければならないと思うので家で過ごします。子どもは暇だと騒ぐだろうけど」。

拡大する写真・図版新型コロナウイルスの影響で、乗客が激減したJR東京駅の新幹線ホーム=2020年4月25日午前8時53分、内田光撮影

 遠出すると回答した人も思いは様々のようだ。

家族でドライブ、東北にグルメツアー……遠出の人も

 家族でドライブに出かけるという三重県鈴鹿市の男性教員(28)は「食べ物や飲みものを持参し、外出先では人と接しないで景色を楽しみたい」。一方、栃木県那須塩原市の男性会社員(60)は「東北の有名店にグルメツアーに行って飲食店を応援する」と答えた。

 GW期間中も出勤する人も17%いた。福岡県飯塚市の病院勤務の40代女性は「連休もなくずっと仕事。家にいる時はカラオケアプリで大声で歌ってストレス発散します」と答えた。(波多野大介)