[PR]

 新型コロナウイルスによる経済への打撃は、外国人労働者にも暗い影を落としています。地方の工場でも、派遣契約を途中で打ちきられる「派遣切り」が相次いでおり、妊娠中の女性が解雇されたケースも。安易なリストラが横行し、立場の弱い働き手が狙い撃ちされていると指摘する声もあります。

拡大する写真・図版日系ブラジル人の女性は派遣先企業の担当者にも解雇撤回を求めた=2020年4月20日午前10時1分、名古屋市西区、佐藤英彬撮影

 「生きさせろ」

 「コロナ切りを許さない」

 今月20日朝。名古屋市内の派遣会社を労働組合のメンバーと訪れた日系ブラジル人の女性(38)は、そう日本語とポルトガル語で書かれたプラカードを握りしめていた。いま4人目の子どもを妊娠中で、8月に出産予定だ。少しふくらんだおなかを抱えながら、「すごく困っている。また働きたい」と、担当者に解雇撤回を訴えた。

■「あと1週間もつかど…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら