• アピタル

SNSで自作のご当地マスク自慢 「岐阜マスコレ」開幕

有料記事新型コロナウイルス

松永佳伸
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で全国的にマスクの品薄が続くなか、岐阜県内で手作りマスクの写真をSNSに投稿して出来栄えを楽しむ「GIFUマスクコレクション2020」が開かれている。4月中旬の「開幕」から1週間で200人近くが参加し、デザインや形にこだわったマスクを自慢し合いながら感染防止にも一役買っている。

 岐阜県瑞穂市の公務員男性(47)は4月17日夜、職場での残業中にひらめいた。手作りマスクで人と人をつなげば、外出自粛や店舗への休業要請など、ふさぎがちなみんなの気持ちが少しでも元気になるのではと思った。

 早速、SNSでつながる仲間4人に呼びかけて事務局をつくり、同21日にはグループページを立ち上げた。投稿を呼びかけると、1週間後には、グループメンバーは600人を超え、オリジナルマスクの投稿数は200人に迫った。男性は「反響の大きさにびっくりしている」と話す。

 男性らが立ち上げたフェイスブックの「GIFUマスクコレクション」のグループページ(https://www.facebook.com/groups/612930675961243別ウインドウで開きます)には、自慢の一品の投稿が並ぶ。

 飛驒地方のさるぼぼが描かれ…

この記事は有料記事です。残り318文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]