[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一律10万円給付など緊急経済対策の費用を盛り込んだ今年度補正予算案が29日昼、衆院本会議で全会一致で可決された。予算案は参院に送付され、午後から安倍晋三首相が出席する予算委員会で審議される。30日の参院本会議で可決、成立する見通しだ。

 補正予算案の総額は25兆6914億円。10万円給付のほか、売り上げが減少した中小・小規模事業者などへの最大200万円の給付などが盛り込まれている。財源は全額を国の借金にあたる国債の追加発行でまかなう。