[PR]

 米ニューヨーク(NY)市の病院で新型コロナウイルスの患者の治療にあたり、自らも感染した女性医師が26日、自殺した。父親は朝日新聞の取材に「娘は第一線で戦っていた。全てを出し切り、疲れ果ててしまったんだと思う」と語った。

 警察によると、亡くなったのはローナ・ブリーンさん(49)。NY市内で暮らし、市中心部のマンハッタンにある「プレスビテリアン・アレン病院」で、緊急救命室(ER)の責任者として働いていた。

 同僚たちは1日18時間働き、廊下で寝て、救急患者を受け付けられないほど忙しくなっている――。ブリーンさんは生前、父親で元外科医のフィリップさん(81)と仕事について頻繁に会話し、勤務先の状況についてこう語っていた。

 数週間にわたって患者の治療にあたっていたブリーンさんも、新型コロナに感染してしまった。約10日間の休養をとった後、「もう大丈夫。戻って同僚たちを助けなくちゃいけない」と自ら復帰した。だが、再び職場で倒れてしまったという。

■父「医療従事者は、前線の塹壕…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら