拡大する写真・図版兵庫県明石市役所

[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で家計やバイトの収入が激減し、「コロナ中退」の危機にある大学生らを支援するため、兵庫県明石市は学費を一時肩代わりする支援に乗り出す。50万円を上限に、5月1日から受け付けを始め、市側が学校に直接振り込む形だ。

 対象は、明石市内在住の大学生、高専・定時制高校の生徒ら。コロナの影響で、振込期限が5月末までの前期分の学費を払えそうにない場合、相当額(最大50万円)を無利子・無担保で支援する。所得証明などの提出は必要ない。返済は在学中は猶予し、卒業後5年以内に返してもらう。

 学生団体が今月発表した学生アンケートの結果によると、回答した全国120校の国公私立大学・専門学校などに通う計514人のうち、13人に1人が学費が払えず中退を考えているという。泉房穂市長は「コロナによって、若者の夢が断ち切られてはいけない」と話した。(中塚久美子

拡大する写真・図版兵庫県明石市の泉房穂市長