[PR]

 新型コロナウイルスに感染し、今月22日に退院した仙台市の50代男性が、感染発覚から退院までの経緯と、共に感染が確認された長男への中傷について語った。

 男性は3月31日午後に38度の発熱、のどの痛みなどを感じ、病院で風邪薬と解熱剤を処方された。4月3日には熱が下がったが、4日に再び発熱。翌日熱が下がったが、7日の夜再び発熱し、県と市が設けるコールセンターに電話。PCR検査で陽性が判明し、10日から入院が決まった。防護衣姿の人がワゴン車で自宅まで迎えにきたという。

 「出始めると止まらない、腹の底からこみ上げてくるようなせきと頭痛がひどかった」と振り返る。入院前は、「突然、呼吸困難になって死ぬんじゃないか」と思い、別室の長男を呼べるよう枕元に鈴を置いて寝た。

 入院後の検査で、「肺が半分以上真っ黒になっている」と説明を受け、夜からアビガンとオルベスコを服用しはじめた。2日後ぐらいからせきや熱がおさまり始めたが、頭痛は続いたという。

 部屋はシャワーとトイレ付きの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら