[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、徳島県は29日、ゴールデンウィーク(GW)に合わせ、徳島阿波おどり空港(徳島県松茂町)で到着客の検温を始めた。5月6日まで続ける。

 同空港発着の国内線は感染拡大を受け減便が相次ぎ、この日到着したのは福岡発の1便と東京発の2便のみ。例年だとこの時期は駐車場も満車になるというが、閑散としていた。

 検温は、到着用の通路で実施。乗客は両側に透明のシートが張られた通路に並び、県職員がサーモグラフィーを使い1人ずつ体温を測っていった。37・5度以上が測定された場合、乗客をブースに誘導し、任意で名前や連絡先、滞在先などを記入してもらう。相談先などが書かれたチラシも渡し注意喚起を促すという。平熱の乗客にも外出を控えるよう呼びかけたチラシを配布する。

 家族の世話のため東京から帰郷…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら