[PR]

 群馬県藤岡市岡之郷の関越道で高速ツアーバスの乗客7人が死亡し、39人が重軽傷を負った事故から29日で8年が経った。今年は新型コロナウイルスの感染拡大で県外の遺族らが足を運ぶことは難しく、母直美さん(当時44)を亡くした群馬県警交通機動隊の山瀬俊貴さん(27)が代表で祈りを捧げた。

 事故の発生と同じ午前4時40分ごろ。現場直下の献花台で、近くの観音寺の僧侶の読経が響いた。真上を走る高速道路を時折見つめていた山瀬さんは、飲み物や花を供えると静かに手を合わせた。

 石川県能登町出身で、「交通事故で苦しむ人を一人でも減らしたい」と警察官を志した。母が最後にいた群馬を働く場に選び、昨春白バイ隊員になった山瀬さん。昨年8月に長女が生まれたことを報告し「安全に取り締まりができるよう見守っていて」と語りかけたという。

 「事故を風化させないため、命…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら