[PR]

 岐阜市の河渡(ごうど)橋付近で3月、住所不定無職の渡辺哲哉さん(当時81)が襲われ死亡した事件で、岐阜県警が19歳の少年5人を殺人や傷害致死の疑いで逮捕して、30日で1週間となる。5人は渡辺さんに石を投げるなどの暴行を加えたとされており、県警は動機について捜査を進めている。

 県警は23日、会社員の少年1人と無職の少年2人を殺人容疑で、朝日大学(同県瑞穂市)の男子大学生2人を傷害致死容疑で逮捕。25日に岐阜地検に送検した。県警は認否を明らかにしていない。

 県警によると、5人は3月25日未明、岐阜市河渡の河渡橋西詰めから同市寺田の路上までの間、渡辺さんに石を投げつけるなど暴行し、死亡させた疑い。このうち殺人容疑で逮捕された3人は約1キロにわたって渡辺さんを執拗(しつよう)に追い回し、後頭部に強い打撃を加えて殺害した疑い。

 捜査関係者によると、5人は事件当日、渡辺さんを襲うために車に乗り合わせて現場に向かったとみられ、追いかけた少年らは渡辺さんの顔をライトで照らし、進路を妨害したとみられる。

 渡辺さんと一緒に生活し、事件当時現場にいた知人女性(68)は取材に、「逃げる際、正面に回り込んで逃げ道を阻まれた」と証言している。

 現場は、JR岐阜駅から西へ約4キロの長良川と伊自良(いじら)川の合流地点付近。渡辺さんは河渡橋の下で約20年間生活。空き缶を集めて生計をたて、収入のほとんどは猫のえさ代にあてていたという。

 3月半ばから何者かに石を投げられるなどの暴行が続き、警察に4回、相談や通報をしていた。知人女性は「暴行は次第にエスカレートしていたように思う。怖くて眠れない日々が続いていた」と振り返る。

 県警は、逮捕された5人がこれらの暴行にも一部関与していたとみている。5人以外にも複数の若者が暴行に関わっていたという。

 5人は、いずれも岐阜県内に住…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。