拡大する写真・図版「737MAX」を組み立てるボーイングの工場=2019年3月、米シアトル近郊、江渕崇撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの影響で、欧米の航空産業が苦境だ。欧州では3月以降、移動制限措置などで航空各社の大幅減便が相次ぎ、業績が急速に悪化している。機体メーカーへの打撃も計り知れない。

 米航空機大手ボーイングが29日発表した2020年1~3月期決算は、最終損益が6・4億ドル(約680億円)の赤字(前年同期は黒字21・5億ドル)だった。現金収支でみると47・3億ドルの巨額赤字だった。新型コロナウイルスの感染拡大が世界の航空機需要を直撃。10%の人員削減に踏み切るほか、中型旅客機「787」シリーズの生産を半減させるなど、一段のコスト削減に乗り出す。

 売上高は前年同期比26%減って169億ドル。連続墜落事故を起こした主力小型機「737MAX」の運航再開が見込めず、同型機の生産・納入を見合わせた影響で、商用機の納入が前年同期の3分の1の50機にとどまったのが響いた。商用機部門でみると20・7億ドル(約2200億円)もの営業赤字だった。

 新型ウイルスの影響により、4…

この記事は有料会員記事です。残り1466文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1466文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1466文字有料会員になると続きをお読みいただけます。