[PR]

 米映画芸術科学アカデミーは28日、来年2月に開く第93回アカデミー賞について、劇場公開されていない作品でも審査対象に含めると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を踏まえて「今回に限って」基準を緩めるという。

 通常は前年の12月末までに、ロサンゼルス郡の映画館で連続7日間以上にわたって公開された映画が対象になる。しかし、同郡では3月半ばから外出禁止令が出て、映画館が一時閉鎖されている。

 このため、今年公開される映画に限って「もともと劇場公開の予定があったものの、ストリーミング配信やオン・デマンドで提供せざるを得なくなった映画」も審査対象とすることにしたという。(サンフランシスコ=尾形聡彦)