テレビドラマの名脇役として活躍した俳優の志賀廣太郎(しが・こうたろう)さんが20日、誤嚥(ごえん)性肺炎で死去した。71歳だった。葬儀は29日、近親者で営んだ。後日お別れの会を開く予定。喪主は弟健二郎さん。

 桐朋学園短大の非常勤講師で演劇を教えながら1990年、青年団に入団。「アンフェア」「マッサン」「三匹のおっさん」など数々のドラマや映画、舞台に出演した。落ち着きのある低い声でCMなどのナレーションも務めた。2019年脳梗塞(こうそく)になり、出演中のドラマ「きのう何食べた?」を降板していた。