[PR]

 楽天は30日、新型コロナウイルスの検査キットの販売を一時停止すると発表した。キットをめぐっては日本医師会が「結果が信用できず、混乱を招く」と批判していたが、楽天の広報担当者は「キットの性能に問題はなく、医師会の指摘は今回の決定に関係ない」と話した。

 楽天などによると、販売を一時停止するのは、キットを開発した遺伝子検査会社のジェネシスヘルスケアの創業者で代表取締役の佐藤バラン伊里氏が28日に辞任したことが理由という。ジェネシス社によると、当初は医療関係者向けだったキットの販売対象を法人にも広げたことで混乱を招いたとして、佐藤氏が責任をとり辞任した。後任には、遺伝子検査に詳しい専門家を招聘(しょうへい)するとしている。

 ジェネシス社には楽天が出資し、三木谷浩史会長兼社長が社外取締役を務める。楽天はジェネシス社の新しい経営体制を精査した上で、今後の販売再開などを判断する。

 楽天は20日、法人向けにキットを発売した。多数の申し込みがあり一部は発送済みだが、全て回収するという。(益田暢子)