[PR]

 大阪府の吉村洋文知事は30日、府の休業要請に応じていなかったパチンコ店が全店休業したことを明らかにした。吉村知事はより強い措置となる行政処分にあたる休業指示を出す考えを示していたが、見送る。

 30日午前10時15分までに大阪市や堺市などの7店舗の休業を確認した。吉村知事は記者団に「色々な事情があるなかで感染拡大防止にご協力いただき、感謝申し上げたい」と話した。

 府は24日以降、新型コロナウイルスに対応する特別措置法に基づき、休業要請に応じないパチンコ店計10店舗の名称を公表した。3店は休業し、他の2店も28日までに休業の意向を示していたが、営業を続ける店舗もあった。

 このため、吉村知事は営業を続けている全店舗について、特別措置法45条に基づく休業指示を行うとの考えを記者団に示していた。(森下裕介)