皇室が代替わりし、天皇陛下が即位してから5月1日で1年になる。国民に寄り添う上皇ご夫妻の姿勢を踏襲。皇后雅子さまとともに、行く先々で大きな歓声に迎えられた。だが、新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、国民と直接接することを大切に考えてきたお二人の公的な活動に影響が及んでいる。

 「常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たす」。昨年5月、陛下は令和の皇室の始まりに行われた「即位後朝見の儀」で、そう抱負を述べた。平成への代替わり時、上皇さまが述べたのとほぼ同様の内容となった。

 戦後生まれの天皇として初めて臨んだ8月の全国戦没者追悼式のおことばでも、上皇さまが同式典で繰り返し使った「深い反省」という表現を盛り込んだ。いずれも、上皇ご夫妻の歩みを受け継ごうという思いの表れと受け止められた。

 心配されたのが、皇后さまの体調問題だ。依然として療養が続くが、陛下とともに定例地方訪問「四大行幸啓」をすべてこなすなど着実な回復がうかがえた。

 順調なスタートを切ったお二人だが、新型コロナウイルスの影響で、外での公務や行事・式典が軒並み中止・延期に。お住まいのある赤坂御用地から皇居に「出勤」することも少なくなっている。

 側近によると、両陛下は感染拡大を気にかけ、早い収束を願っている。4月には感染症対策を専門とする医療従事者を招いて話を聞いた。その一人、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の尾身茂氏には、陛下は「私たち皆がなお一層心を一つにして力を合わせながら、この感染症を抑え込み、現在の難しい状況を乗り越えていくことを心から願っています」と思いを明かした。今後も様々な分野の専門家から進講を受ける予定という。

 河西秀哉・名古屋大学大学院准…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら