[PR]

 イワシやサバなどの青魚に多く含まれ、健康によい不飽和脂肪酸として知られるDHA(ドコサヘキサエン酸)。心臓や血管の病気になるリスクを下げるという報告もある。実は、魚はこの成分を体内で作れないことをご存じだろうか。

 作り出すのは、海にすむ小さな微生物だ。小さな生物がだんだん、大きな生物に食べられていく食物連鎖で、魚に蓄積していく。甲南大学(神戸市)の本多大輔教授(53)らは、このメカニズムの解明に取り組んでいる。

 DHAを合成する微生物の正体として注目されているのが「ラビリンチュラ」類。細胞のまわりに、迷宮(ラビリンス)のように見える網状の構造があることから名付けられた。19世紀に発見された。後に、網状構造を作らず、別種と考えられていた生物も同じ仲間だとわかり、さまざまな種類がいることがわかった。

 大きさは、10マイクロメートルほど。世界中の海や河口にすむ。DHAだけでなく、化粧品として使われるスクワレンという油を合成するものもある。スクワレンは燃料に変換することもできる。

 本多さんの研究室の大学院生が…

この記事は有料会員記事です。残り513文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り513文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り513文字有料会員になると続きをお読みいただけます。