[PR]

 安倍晋三首相は30日夜、5月6日までとなっている新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言を延長する意向を示した。首相官邸で記者団の取材に対し、医療現場の現状などを指摘。「5月7日からかつての日常に戻ることは困難だ」などと述べた。延長する期間については専門家の意見を聴くなどとして言及を避けた。

 首相は30日夕に首相官邸で面会した自民党の二階俊博幹事長と林幹雄幹事長代理にも宣言の期間を延長する意向を伝えている。政府内では、全都道府県を対象にしたまま、5月末までとする案や1カ月間延ばす案などが検討されている。

 林氏は首相との面会後、記者団に対し、「(首相は)延長することは延長する構えでいた」と説明した。延長幅について首相は、専門家の意見を聞いた上で慎重に判断すると語ったという。二階氏は記者団に、首相の判断について「大変適切な判断だ」と語った。