[PR]

 新型コロナウイルスの猛威のなかで迎えた大型連休。営業を中止している県内の水族館や動物園が、動物たちの日々の様子を写真や動画などに撮り、SNSで発信している。外出自粛で閉塞(へいそく)感の漂う暮らしに、せめて愛らしい姿を楽しんでもらいたいと企画した。

 プールの縁でひなたぼっこするキタオットセイ。換毛期のため陸上で過ごし、毛が乾いてふわふわになったゴマフアザラシ。5月末まで臨時休館となっている岡山県玉野市の渋川マリン水族館は4月13日にインスタグラムを始めた。

 同館は瀬戸内海の魚類を中心に計約180種2千匹の海洋生物を、約40個の水槽で飼育展示している。撮影は飼育員らが「元気な姿を見せたい」と担う。

 飼育員の松崎奈津美さん(24…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース