[PR]

 山口県平生町の熊毛南高校は30日、女子サッカー部のインターネットを使ったオンライン部活動の様子を報道機関に公開した。

 テレビ会議アプリ「Zoom」を使い、自宅にいる22人の部員たちが教室のモニターに分割して映し出された。同校出身の同部トレーナー三島孝雄さん(34)が、手本を示しながら体幹トレーニングを指導。部員たちの様子を見て「だいぶ体が柔らかくなってきた」などと個別に助言した。

 オンライン部活動は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校中の20日から導入し、週に3回行っているという。河村宏之校長は休校延長を踏まえ「規則正しい生活維持に役立っている」と話した。

 新型コロナウイルスの飛沫(ひ…

この記事は有料会員記事です。残り365文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り365文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り365文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース