[PR]

 加藤勝信厚生労働相は30日、医療機関や保健所の人材不足に対応するため、厚労省が求人状況を集約して求職中の医療人材とマッチングする仕組みを検討していることを明らかにした。新型コロナウイルスに関する全国知事会との意見交換会で説明した。

拡大する写真・図版PCRセンターの検査室で受検者役の職員(右)の鼻から検体を採取する医師ら。稼働を前に検査の流れが報道機関に公開された=2020年4月28日、板橋区、荻原千明撮影

 新型コロナウイルスへの対応で、各地で医療人材の不足が深刻な問題になっている。新たな仕組みでは、厚労省が求人情報を集め、都道府県などとも連携してハローワークや民間の職業紹介事業者などを通じて職探しをしている医療人材に情報を届けやすくする。

 実施時期は未定だが、埼玉、千葉、東京、神奈川の1都3県で先行実施をしたうえで、他の道府県への拡大を検討していくという。(石川春菜)