[PR]

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、安全に十分配慮しながら本尊などの参拝を一部認める寺もある。人々の不安に寄り添い、仏との縁を絶やさないようにとの願いからだ。

 奈良市の薬師寺では4月25日から大講堂や東院堂などの拝観ができない。ただ、金堂は門を開け、通常通り、本尊の薬師如来を拝むことができる。

 寺も悩んできた。2月ごろから僧侶らが議論を重ね、参拝者や職員への感染拡大を防ぐための対策を考えた。4月16日に緊急事態宣言の対象区域が全国に拡大されると、すべての拝観を停止しようという意見が上がった。だが、創建以来、人々が平癒を祈ってきた薬師如来に、変わることなく手を合わせてほしいという結論に至った。

 いま薬師寺には、自宅でできる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら