[PR]

 埼玉県の大野元裕知事は30日夜、県内で営業中だったパチンコ店について「大型連休中の休業について全店舗の合意が取れた」と明らかにした。大野知事は28日、休業要請に応じない店舗は新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づき、大型連休が明ける前に店名を公表する意向を示していたが、公表は行わないことになった。

 大野知事によると、県内には約470のパチンコ店があり、知事が営業休止の協力要請をして以降も一部が営業を継続。県の相談窓口に通報が寄せられるなどしていた。県は22日以降、業界組合や店舗に対し個別に営業休止を要請。30日までに、5月1日~6日は営業休止することで合意したという。(釆沢嘉高)