【動画】東京都の休業要請解除の3段階のステップとは?
[PR]

 東京都は5月31日、新型コロナウイルスの感染者が新たに5人確認され、1人が死亡したと発表した。1日あたりの感染者数が1桁となるのは、25日(8人)以来。都内の感染者は計5236人、死者は計305人となった。

 都によると、新たな感染者5人のうち、4人の感染経路が分かっていない。だが、そのうち3人は接客を伴う飲食店などの、いわゆる「夜の街」で発生しているとみられるという。

 都内では6月1日から、休業要請の解除行程を3段階で示した「ロードマップ」に基づき、「ステップ2」に移行する。新たな感染者に占める感染経路が不明な人の割合(1週間平均)は5月31日時点で52・9%で、警戒を呼びかける「東京アラート」を発動する目安の数値を超えているが、都の担当者は「一定程度は経路を追えており、東京アラートを発動する状況にはない」と説明している。