[PR]

 新型コロナウイルスの陽性患者や、その処置にあたった医療従事者らが使用した、注射針やガーゼ、防護服……。東京都内にある医療廃棄物の回収処分業者は、2月以降、こうしたごみの処理を続けている。

 処理の際は、全作業員が防護服を着用する。医療機関で梱包(こんぽう)された廃棄物が専用の保冷車で工場に到着すると、敷地内の屋外で消毒作業を行う。さらに粘着テープで封をした後、屋内に搬入する。ベルトコンベヤーで焼却炉まで運ばれ、その日のうちに千度近い高温で処分される。排出ガスは特殊フィルターを通して無害化処理が行われているという。

 最初は、ダイヤモンド・プリンセス号で感染者対応にあたる公的機関からの依頼だった。その後は連日、陽性患者を受け入れている都内の病院などでウイルスが付着した廃棄物を回収、処分している。

 感染性産業廃棄物の処理については、東京都から許可を受け、2009年に新型インフルエンザが流行した際も対応にあたってきた。だが社長(66)は「これまでとは緊張感が違う。医療機関には無症状の患者さんもいるため、すべてにコロナが含まれていると思って対処する必要がある」と話す。

 ゴーグルと防護服を身に着けた屋外での作業は、この時期でも汗が噴き出す。新規感染者数が落ちついても、陽性患者のいる限り、ウイルスに汚染されたごみは出続ける。「従業員の疲労もたまっている。熱中症にならないよう、今後は更に健康管理に注意する必要がある」と気を引き締める。(川村直子)