[PR]

 トランプ米大統領が6月に米国で開催する方針だった主要7カ国首脳会議(G7サミット)の延期を表明したのを受け、安倍晋三首相がサミット参加のため同月に訪米する可能性もなくなった。日本政府は新型コロナウイルスをめぐる水際対策に沿って首相が帰国後に2週間公邸にこもって執務にあたることまで検討していただけに、「肩すかし」を食らった格好だ。

 首相周辺は31日、トランプ氏の延期表明について「びっくりした」と言葉少なに語った。正式な外交ルートでは、米側から延期についての連絡はまだ来ていないという。

 今年のG7議長国の米国は新型コロナの感染拡大を受け、6月のサミットをいったんはテレビ会議形式にすることを決定。その後、トランプ氏が各国首脳を米国に招く意向を示し、ホワイトハウスはワシントンで開催する方針に転換していた。

 ただ日本政府関係者によると、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら