[PR]

 仙台市内のパブを訪れた後、新型コロナウイルス感染が確認され、4月下旬に退院した元患者が、朝日新聞の取材に答えた。感染者を中傷する風潮に憤りを感じてきた。「絶対に避けられる病気ではない。差別ではなく思いやりを持つことが大切だ」と訴える。

 3月20日の夜、友人ら8人ほどでパブ「HUB仙台一番町四丁目店」(同市青葉区)を訪れた。店内はにぎわっており、店員も含めてマスクをする人は見当たらなかった。そこで秋田からのグループと知り合い、一緒に数時間、飲食や話をした。ハイタッチ程度で身体的な接触はなかった、と記憶している。

 「まだ五輪延期も決まっていない。政府の注意喚起も十分じゃなかった」

 2、3日後に微熱と体の痛みが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。