[PR]

 新型コロナウイルスの影響で図書館は休館し、大型商業施設では書店が開いていない日が続いた。本を求める人たちの受け皿になったのは、「まちの本屋さん」。訪れた人の姿や手に取られた本から非日常を感じ、仕事への自信を深められる期間にもなった。

 山梨大の近くにある甲府市武田4丁目の星野書店は、営業時間を短くして開店してきた。

 店主の須藤紀子さん(49)は夫、母の家族3人で店に立つ。客の多くは学生や大学教員、近所の常連さん。客に向けて新聞を手作りし、メッセージを交換できるノートを置く。客との交流を大切にしている。

 「今年は静かな春だった」。須…

この記事は有料会員記事です。残り786文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り786文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り786文字有料会員になると続きをお読みいただけます。