[PR]

 秋田県は2年後の市場デビューをめざす秋田米の最上位品種「秋系821」を作付けする推奨地域を決めた。出穂期後40日間の日平均気温が22度以上となる水田面積が約5割以上ある133地域を選んだ。県央と県南の15市町村の全域または一部が入り、県北は外れた。

 県は推奨地域以外での作付けを認めない。ただ、栽培試験をし、田植え時期の繰り上げなどで品質や食味を確保できると判断された場合は、推奨地域への編入を検討する。

 高品質を保つため、作付け地域だけでなく生産者も限定する。高い技術力を持つ農家や農業法人と検査・保管能力のある集荷業者に生産団体を組織してもらい、県が審査して12月に登録。来年1月から生産者研修会を開く。登録団体以外には生産を認めない仕組みだ。

 生産団体について県秋田米ブラ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら