[PR]

 お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史さんがラジオ番組で「コロナが明けたら可愛い人が風俗嬢やります」などと発言したことについて、岡村さんは4月30日深夜の放送で「たくさんの人たち、とくに女性のみなさんに不快感を与えたことについて、まずは心から謝罪させていただきます。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 岡村さんは23日深夜放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、「コロナが明けたらなかなかの可愛い人が、美人さんがお嬢やります。お金を稼がないと苦しいですから」などと発言し、批判を浴びていた。

 岡村さんはこの日、番組の冒頭で謝罪。「コロナウイルスで緊急事態宣言が日本全国に出されている状況で、多くの人が不自由な生活、苦しい状況にある中で、大変失礼な発言をしてしまいました。今、コロナをはじめ、経済的な問題で生活が苦しくて、やむをえず風俗業に就く方がいらっしゃることへの理解や想像力を欠いた発言をしてしまいました」と語った。

 番組の途中からは相方の矢部浩之さんも出演。2010年に岡村さんが体調不良で一時休業したことに触れ、「つらい思いをしたやろうけど、復帰して周りが優しくなって(環境が)もっとぬるいお湯になったかもしれへん。世の中にはもっとつらい人がおる」などと指摘し、「景色を変えたほうが良い」と助言した。

 ニッポン放送は27日、岡村さんの発言についてホームページに「現在のコロナ禍に対する認識の不足による発言、また、女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました。放送をお聴きになって不快に感じられた皆様、関係の皆様にお詫(わ)び申し上げます」とする謝罪文を掲載していた。