[PR]

 「コ」と「ロ」と「ナ」を足し合わせると「君」という文字になる――。そんな内容の「短歌」が先日、ネット上で話題になりました。新型コロナウイルスの影響で大切な人と会えないつらさや未来への希望をつづった作者に、完成までの経緯を聞きました。

 大阪府内の百貨店で宣伝や広報を担当しながら、似顔絵を中心としたイラストを描いているタナカサダユキさん(56)。4月1日に自身のFacebookにこんな歌を投稿しました。

 「しばらくは 離れて暮らす 『コ』と『ロ』と『ナ』 つぎ逢ふ時は 『君』といふ字に」

 この投稿に対して「すごい発見」「天才だ」といった声が寄せられ、まもなく「この句に何かイラストつけていただけませんか」というリクエストが寄せられました。

 それから50分後、タナカさん…

この記事は有料会員記事です。残り752文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り752文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り752文字有料会員になると続きをお読みいただけます。