「コ+ロ+ナ=君」 会えない思い、希望をつなぐ短歌に

有料記事新型コロナウイルス

若松真平
[PR]

 「コ」と「ロ」と「ナ」を足し合わせると「君」という文字になる――。そんな内容の「短歌」が先日、ネット上で話題になりました。新型コロナウイルスの影響で大切な人と会えないつらさや未来への希望をつづった作者に、完成までの経緯を聞きました。

 大阪府内の百貨店で宣伝や広報を担当しながら、似顔絵を中心としたイラストを描いているタナカサダユキさん(56)。4月1日に自身のFacebookにこんな歌を投稿しました。

 「しばらくは 離れて暮らす 『コ』と『ロ』と『ナ』 つぎ逢ふ時は 『君』といふ字に」

 この投稿に対して「すごい発見」「天才だ」といった声が寄せられ、まもなく「この句に何かイラストつけていただけませんか」というリクエストが寄せられました。

 それから50分後、タナカさ…

この記事は有料記事です。残り738文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]