[PR]

ごはんラボ タコとキュウリの酢のもの

拡大する写真・図版合田昌弘撮影

 今回から4週は、身近な調味料「酢」がテーマです。料理に酸味だけでなく複雑な香りやうまみを加え、魚の酢じめや野菜の酢漬けのように、食品の保存性を上げる力も。世界中でその土地の作物から酢が作られ、多彩な料理が生まれました。

 まず日本の「酢のもの」。サラダに押されて地味な存在ながら、甘酸っぱい味つけは万国共通の人気。蒸し暑いアジアでは食欲をわかせるスイッチです。

 合わせ酢の「三杯酢」は、砂糖、塩・しょうゆ、酢という3種の組み合わせ。甘さ控えめで魚介にも野菜にも合う、バランスのいい配合を紹介します。材料は、定番のタコとキュウリ。キュウリは塩もみすることで歯触りが心地よく、見た目も涼やか。立派な料理に変わります。

 そして、三杯酢の塩としょうゆを魚醬(ぎょしょう)に置き換えたのが、名付けて「ベトナム酢」。同じタコとキュウリにかけても、違う表情になります。好みでニンニクや唐辛子を加えてください。(編集委員・長沢美津子)

タコとキュウリの酢のもの

料理監修:渡辺あきこ

拡大する写真・図版タコとキュウリの酢のもの=合田昌弘撮影

材料(2人前)

□ ゆでダコ 60g

□ キュウリ 1本

□ ショウガ 1/2片

□ 塩 小さじ1/4

<三杯酢>(3~4回分)

□ 酢 100ml (穀物酢か米酢が向く)

□ 砂糖 大さじ2

□ 塩 小さじ1/2

□ しょうゆ 小さじ1/2

□ 水 大さじ2 (酸っぱければ大さじ3に)

作り方

①キュウリは、厚さ2mmほどの薄い輪切りにする。ボウルに入れて塩小さじ1/4を全体にまぶし5分ほどおく。手でつまんでしなればペーパータオルに包み、両手にはさんで押すように軽くしぼる。

拡大する写真・図版キュウリ同士を軽くこすり合わせて塩をまんべんなく行き渡らせる。力を入れると割れてしまうので注意

②ショウガは皮をむき、繊維の方…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら