[PR]

 三井住友銀行は1日、顧客の氏名や口座番号が記録されたハードディスク2個を、業務委託先のOKIクロステックが紛失したと発表した。外部に持ち出された形跡はなく、現時点で不正利用の情報も入っていないという。

 ハードディスクには、2009年1月21日から18年10月15日の間に葛西支店(東京都江戸川区)の窓口で、通帳の新規発行か繰り越しをした計7万件の手続きについての顧客情報が入っていた。顧客情報には氏名や口座番号、入出金額、残高などが含まれるという。

 三井住友銀によると、OKIクロステックがハードディスクを交換する際、本来は初期化してデータを削除した上で自社に持ち帰る契約になっていたところ、初期化せずに持ち帰ったという。データは英数字や記号に変換されており、第三者が読解できないようになっているという。

 三井住友銀は「再発防止に向け、お客様の情報の管理について再度徹底していく」としている。問い合わせは三井住友銀(0120・261・059)まで。