新型コロナで「お茶うがい」 緑茶・抹茶のトレンドは

有料会員記事AI経済記者みつけーた

若井琢水
写真・図版
[PR]

 朝日新聞社が人工知能(AI)を使ってネット上のトレンドを分析し、それをもとに取材記者が現場を追う「みつけーたのトレンド先読み」。今回は、新型コロナウイルスの感染が広がり、緊急事態宣言が列島を覆った4月の商品に注目しました。

 AI経済記者「みつけーた」を稼働させて、新型コロナ禍のもとで伸びている商品を探ったところ、その一つが抗ウイルス作用があるとされる「緑茶・抹茶」でした。飲料メーカーに販売動向を尋ねてみると、濃縮タイプやティーバッグのお茶がよく売れていると分かりました。

濃縮タイプに人気

 「おうちで水と混ぜるだけ」「お買い物が軽くなる」。4月上旬、岐阜県のスーパー「アピタ御嵩(みたけ)店」の食品売り場では、こんなポップが掲げられ、濃縮タイプの缶入り緑茶やウーロン茶の特設コーナーができていました。

 濃縮タイプは、約180グラ…

この記事は有料会員記事です。残り1095文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら