第2回一斉休校の独断、議事録もなく 危機に幅きかす権威主義

有料会員記事

上沢博之、編集委員・豊秀一
[PR]

 国家の政策は国民の生き死にを左右する。新型コロナウイルスの感染が広がり、多くの人々がこの事実に向き合わざるを得なくなった。国家は、主権者から預かった権限を正しく使っているのか。リーダーは説明責任を果たしているのか。憲法の国民主権のあり方が問われている。

休校要請の決定、議事録なく

 「判断に時間をかけるいとまがない中において、私の責任において判断をさせていただいた」

 3月2日の国会で、全国一斉休校要請の経緯を聞かれた首相はこう説明した。

 要請は、首相が2月27日夕、政府の対策本部会合で突然打ち出した。法的な根拠も、よるべき専門家の明確な意見もない政治判断。方針決定はそのわずか約5時間前、首相と側近ら限られたメンバーによる「連絡会議」の場だった。

 生活を一変させる対策を決め…

この記事は有料会員記事です。残り1927文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら