【動画】100人分のコロナ病床が完成 東京・お台場の「日本財団パラアリーナ」=遠藤啓生撮影
[PR]

 日本財団が東京・お台場のパラスポーツ専用体育館「日本財団パラアリーナ」で整備を進めていた新型コロナウイルス感染者の病床が完成し、1日、報道陣に公開された。約2千平方メートルに100床のブースが並び、隣接する「船の科学館」の駐車場に建てる大型テントにも5月下旬に60床を用意する。6月末に完成予定の仮設住宅140棟は、家族で入居することもできる。

 アリーナのブースは各10平方メートルで、ベッド、机、いす、ロッカーを備える。トイレとシャワーは屋外にある。仮設住宅は各20平方メートルで、トイレや風呂を完備。会見した日本財団の笹川陽平会長は「一般の住宅のような環境で住んでもらえる」と話した。

 患者が増えた場合、600床まで増やすことが可能だという。運営は東京都に委託するが、建設費や医療従事者の人件費、食事など運営にかかる経費は日本財団が負担する。

 都福祉保健局の担当者は「活用するかしないかは今後の状況を見ながら判断したい。活用する場合も、全て完成する6月末以降になる」と話した。(西村奈緒美)