[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な米国で、トランプ大統領が「中国に責任がある」として批判を強めている。米メディアによると、政権内では中国に賠償を請求するなど、複数の制裁措置案が検討されているという。

 トランプ氏は4月30日の会見で、「中国はウイルスを封じ込めることができたはずだ。能力の問題でできなかったのか、あえてしなかったのどちらかで、世界が非常に苦しんでいる」と語り、感染拡大が広がったのは中国の責任だと主張。報復として、中国への債務を履行しない可能性を問われ、「異なる方法でできる。より直接的な方法もあると思う」と述べ、賠償請求も示唆した。

 トランプ氏はまた、中国・武漢のウイルス研究所が新型コロナの発生源だった可能性を「信じるに足るだけの情報を見たか」と問われ、「見た」と返答。ただ、詳細については「それは言えない」と述べるにとどまった。米国の国家情報長官室はこの日、新型コロナについて「人工的なものでも、遺伝子組み換えでもないという科学的な総意に同意する」という声明を出したが、発生源は引き続き調査するとしている。

 トランプ氏が対中強硬姿勢を強…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら