[PR]

 政府の緊急事態宣言が出た4月上旬、居酒屋、カフェ、百貨店など幅広い業種の消費額が落ちた一方で、酒屋やスーパーは増加。そんな実態がクレジットカードの決済データ統計「JCB消費NOW」からわかった。地域別では、南関東や近畿が急落し、北陸や四国は小さな下げ幅だった。

 JCBは国内カード会員100万人分の決済実績を匿名で抽出し、半月ごとに集計している。宣言が出た4月7日を含む4月前半分(1~15日)を1日公表した。

 消費額全体でみると、4月前半は前年同期比18%減で、3月後半の約8%減からさらに落ちた。7日に宣言の対象となった東京、大阪、福岡など7都府県を含む南関東、近畿、九州は約26~29%の大幅減。北陸や四国は4~5%減だった。

 利用額だけでなく、外出自粛に伴うカード利用者の減少も加味したデータ(参考系列)でみると、映画館は3月下旬の約75%減から4月上旬は約93%減に。リモートワークの場にも使われる喫茶店・カフェは、3月下旬の約26%増から4月上旬に約27%減へ転じた。

 居酒屋での消費が75%超も落ち込む一方で、酒屋は3月下旬の約20%増から4月上旬は約34%増に。JCBとともにデータを分析するナウキャスト社は「自宅での飲酒が増えていることが示唆される」とみる。

 百貨店の大幅減に対し、スーパ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら