[PR]

 葬式や法事は密集、密閉、密接の「3密」状態になりがちだ。新型コロナウイルスの感染が拡大するいま、スマートフォンを使い、参列者も僧侶もいない葬送サービスが注目されている。

 葬式や僧侶派遣などを手がける「終楽」(愛知県春日井市)は、ホームページ(HP)に「コロナ対策」の項目を設け、感染防止に配慮した葬送サービスを提案している。4月から始めて話題を呼んでいるのが「セルフサービス葬」だ。

 感染リスクを避け、家族ら2、3人での葬式を想定している。火葬やひつぎ運搬、葬儀用具や位牌(いはい)、戒名授与に加え、スマートフォンから読経が流れる「スマ坊さん」をセットにして料金は14万8千円。通常の葬儀に比べ、格安の料金設定という。

 「スマ坊さん」は3月に始めた…

この記事は有料会員記事です。残り781文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り781文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り781文字有料会員になると続きをお読みいただけます。